ケータイ辞書JLogosロゴ 狭潟新田(近世)


新潟県>聖籠町

江戸期〜明治19年の新田名蒲原郡のうち新発田【しばた】川右岸万治元年の開発という(明治10年狭潟新田村誌)「元禄郷帳」「天保郷帳」では佐々木村枝郷と注記されているはじめ新発田藩領,宝暦6年福島潟開発のため幕府領となり,同13年からは再び新発田藩領貞享年間,享保19年,延享元年に検地を受けた(同前)村高は,「元禄郷帳」3石余,「天保郷帳」39石余明治10年狭潟新田村誌によれば,税地は田3町余・宅地3反余,貢租は地租米22石余・雑税1円,飛地が大夫興野・三ケ新田地内に4か所あり,神明社と諏訪社は相殿,戸数4・人口31,馬1,舟4艘,車3両,人力車1両,民業は4戸すべてが農業とある同12年北蒲原郡に所属同19年二本松新田に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311418
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ