ケータイ辞書JLogosロゴ 千把野新田(近世)


新潟県>栄町

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。小古瀬新田の枝郷として江戸前期に開発されたと伝えるが,高付けされた千把野新田としての初見は寛政12年水原郡中組村高帳で,また「元禄郷帳」「天保郷帳」にも当新田名が見えないことなどから,成立は江戸中期のことと推定される。幕府領。村高は,寛政12年100石余,「旧高旧領」111石余。鎮守の諏訪神社は,もとは開発の祖伊兵衛の屋敷神で,元和年間小古瀬村より勧請したと伝える。集落の西端に文政6年建立の日本廻国供養塔がある。明治12年南蒲原郡に所属。同21年の戸数22・人口135。同22年小古瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311474
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ