ケータイ辞書JLogosロゴ 草荷村(近世)


新潟県>加治川村

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。はじめ村上藩領,宝永7年幕府領,享保9年からは三日市藩領。「元禄郷帳」「天保郷帳」では川尻村枝郷と注記されている。村高は,「元禄郷帳」13石余,「天保郷帳」388石余。村高の激増は,紫雲寺潟の干拓によるもの。村内は上草荷・下草荷に分かれ,古来から続く上草荷に庄屋屋敷があった。下草荷はさらに山草荷・宮古草荷に分かれ,宮古草荷の住民は宮古新田の開発後は同新田を耕作し,全戸とも同新田の人別に入っていた。延宝9年頃の高反別免割家数人数帳によれば,高244石余,反別22町余,家数21・人数165。鎮守は神明社で,明治43年現紫雲寺町米子の白山神社に合祀された。また,行基作と伝えられる地蔵尊,雨乞弁財天がある。加治川河岸には三日市藩の番所が置かれた。また字渡し場の名が示すように,大正期まで対岸の道賀村との間に渡し船があった(加治川村誌)。はじめは渡し場,水産漁業を中心とした村であったが,寛文5年,享保元年,同11年と大規模な加治川の破堤を繰り返しながらも,紫雲寺潟の干拓以降農村としての発展をみた。明治9年の戸数51・人口299,馬5,舟4,田75町余・畑10町余,産物は稲・豆(川尻組村勢一覧)。同12年北蒲原郡に所属。同22年中川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311484
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ