ケータイ辞書JLogosロゴ 相馬新田(近世)


新潟県>加治川村

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。享保20年に初検地をうけた紫雲寺潟新田の1村で,早道場村相馬金左衛門が後願人として80町余を請地して成立し,初代庄屋となった。はじめ幕府領,幕末には会津藩領。村高は,元和元年検地帳506石余,「天保郷帳」526石余。元文元年検地帳によれば,高付けされた反別は60町余,ほかに除地として秣場・萱野・葭野・荒砂場などがあり,総反別74町余,飛地が真中新田にあり,西相馬と称した。同2年には中下田・下田・下下田が水田面積の約80%を占め,干拓地の土地条件の劣悪さを示している。金左衛門は,今泉川と大悪水路としての見透川樋管の管理人であり,享保19年の今泉川瀬替えにおける大樋用水堰の着手人であった。その後相馬家の農地は三日市村関甚兵衛に渡り,さらに幕末期には白勢家の所有となり農地改革まで続いた。稲荷神社,曹洞宗桃林寺がある。明治11年の「小三区村誌」によれば,税地は田64町余・畑19町余・宅地5町余・林3町余など総計94町余,戸数55(農40・工6・商5・日雇4),人口269,馬4。同12年北蒲原郡に所属。同18年には戸数48・人口314,倉庫6,職工12,水車場1,荷車11,馬4,田64町余・畑19町余,米449石余(金子村戸長役場村勢一覧)。同22年金塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311491
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ