ケータイ辞書JLogosロゴ 曽根新田(近世)


新潟県>田上町

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。元禄11年加茂組本村新田村開発并方角付帳によれば,明暦2年に田上村地内を開発して立村と伝える(新発田藩文書)。しかし,これより先の慶安4年の横場新田野直分開発免状が「曽根新田肝煎 能右衛門」宛に新発田【しばた】藩から出されている(浅野家文書)。「元禄郷帳」「天保郷帳」では田上村枝郷と注記されている。新発田藩領。村高は,寛文4年新田高付帳77石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに57石余。寛文7年御領内見分之書付(貴船家文書)によれば,戸数7・人数23。寛政元年加茂組人高石高控(市川家文書)によれば,戸数12・人数76,物成16石余,寺はなく,宮は諏訪社。その後境内に文化10年石動社,慶応元年に豊洲社を創立した。小村のため隣村の横場新田名主の兼帯であったが,文化年間頃から横場新田組頭の諸橋新七家が名主となった。明治12年南蒲原郡に所属。同21年の戸数23・人口145。同22年横場村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311520
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ