ケータイ辞書JLogosロゴ 杣木村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。元和2年三条藩領,同9年幕府領,慶安2年村上藩領,享保2年高崎藩領,同11年は幕府領,天明2年高崎藩領,寛政12年幕府領,享和元年からは高崎藩領。村高は,元和6年三条御引渡郷村帳162石余,「正保国絵図」255石余,「元禄郷帳」264石余,天明2年高崎藩領一ノ木戸郡中郷村高辻帳(燕市史資料編1)1,061石余,「天保郷帳」1,063石余。元禄14年鷰組石数人数家数帳(同前)によれば,高1,050石余(うち田75町余・畑20町余),家数69(うち百姓家48)・人数409。天明6年村明細帳(同前)によれば,家数119・人数774,馬2,郷蔵1。宝永7年〜正徳元年にかけ村上藩飛地(通称四万石領)で幕府領編入を願って越訴事件が発生,当村の新五右衛門は越訴の頭取とされ遠島の刑に処せられた。神社は,八幡宮・白山権現。寺院は浄土真宗本願寺派光照寺。明治12年西蒲原郡に所属。同年の戸数159・人口1,016。同22年市制町村制施行による杣木村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311527
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ