ケータイ辞書JLogosロゴ 太右衛門新田(近世)


新潟県>田上町

江戸期〜明治19年の新田名蒲原郡のうち太右衛門新田村ともいう新津丘陵西側の藪沢地に立地地名は開発者の名に由来し,天保7年上条村の商人遠藤太右衛門が開発,同9年幕府出雲崎代官青山九八郎の検地をうけて開村幕府領村高は,弘化4年郡中村高帳,「旧高旧領」ともに29石余家数は太右衛門とその従者の2軒といわれる明治12年南蒲原郡に所属同19年川船河村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311631
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ