ケータイ辞書JLogosロゴ 高橋新田(近世)


新潟県>栄町

江戸期〜明治18年の新田名蒲原郡のうち信濃川の支流貝喰【かいばみ】川の下流貝喰新田の高橋間兵衛ほか3人が幕府出雲崎代官所の許可を得て開発した新田で,代表の名を付けたという古貝喰川は年々の氾濫で災害が多く,別に新川を掘削して用排水路とし,その廃川の跡地を開拓したもの安政2年出雲崎代官篠本彦次郎によって検地が行われており,これによって成立したものか幕府領同検地によれば,面積1町余,高12石余(高橋新田合村願)「旧高旧領」でも12石余無民戸の村貝喰新田名主高橋源兵衛が兼帯名主明治12年南蒲原郡に所属同18年貝喰新田に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311749
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ