ケータイ辞書JLogosロゴ 田上村(近世)


新潟県>田上町

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。はじめ新発田【しばた】藩領,寛政元年からは幕府領。村高は,慶長3年頃の御領内高付帳423石余,「元禄郷帳」760石余,「天保郷帳」1,076石余。反別は,慶長5年御知行方田畠帳では田50町余・畑11町余,寛政5年加茂組明細帳では田100町余・畑17町余。家数・人数は,寛文7年御領内見分之書付(貴船家文書)127軒・966人,寛政5年加茂組明細帳329軒・1,446人。神社は本田上の神明宮ほか11社,寺は曹洞宗東竜寺,真言宗円福院,ほかに薬師堂など4,また親鸞上人旧跡がある。当村は広域で5地区から成るため,名主のもとに本田上組・川ノ下組・上野組・中店組・山田組の5か組を置き,それぞれに1名ずつの年寄または組頭を当てて支配した。また,往還路の伝馬の継立場に設定され,伝馬15匹・雪車2丁・駕籠1丁を常備し,継所人足引20人・100石分が高引された(延享元年田上三ケ村郷帳)。村内には杉(2か所)・松(2か所)・雑木(5か所)・竹(2か所)の御林山が置かれ,入会山には原ケ崎新田・塚野新田・後藤新田・横場新田の4か村が入山。天和2年には護摩堂山の山畑開発をめぐって田上・湯川村と沢海藩領橋田・菅沢村間で山論が起き,境界は元禄4年幕府裁許で決した(護摩堂山由緒書)。元文3年山田の円福院を湯元として湯田上温泉が開湯,幕末の安政2年には庄瀬村の土田玄甫によって字金山・才之神平で鉛山の開発が行われた(川崎家文書)。北越戊辰戦争の動乱は当村にも深刻な影響があり,慶応4年3月会津藩兵46人が田巻七郎兵衛家に押し入って2,000両を強奪し,また一族から勤皇居之隊幹部を出した田巻三郎兵衛家は一時能登に亡命した(田巻家文書)。明治6年田上校を創立。翌7年田上郵便局を開設。同8年後藤新田・塚野新田を合併。同12年南蒲原郡に所属。同21年の戸数408・人口2,372。同22年田上村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311779
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ