ケータイ辞書JLogosロゴ 高山新田(近世)


新潟県>栄町

江戸期〜明治19年の新田名蒲原郡のうち信濃川水系大面川下流域嘉永2年新堀村名主高山弥五右衛門正躬が福島新田名主新之丞久富からその地籍の一部を譲り受けて開拓し,甥耕造に支配させた3町2反7畝の地である幕府領村高は,「旧高旧領」15石余大面川のほとりの松林の中に田中神社が鎮座し,福島郷一帯の開発の祖である福島新田名主孫兵衛を祀る通称孫兵衛神社といわれ,幕末の偉人山岡鉄舟の懸額を納める明治12年南蒲原郡に所属し,同時に東高山新田と改称同19年福島新田村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311816
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ