ケータイ辞書JLogosロゴ 田小屋村(近世)


新潟県>入広瀬村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。慶長16年魚沼郡広瀬郷上条村之目録之事には田子屋村と見える(目黒家文書)。元和2年三条藩領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,文久元年からは会津藩領。村高は,元和4年9石余(同前),天和3年検地帳,「元禄郷帳」ともに13石余,「天保郷帳」27石余。戸口は,延宝2年高帳に4軒(穴沢家文書),明和5年13軒・93人,慶応2年22軒・100人(田小屋区有文書)。鎮守は十二神社。延享3年村明細帳によれば,産業は米・里芋・そばのほか,男は「諸材木,鼻かまず船を造り出し,四日町村にて商売」,女は「白布,紬織り出す」という。明治12年北魚沼郡に属す。同22年入広瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311922
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ