ケータイ辞書JLogosロゴ 田中村(近世)


新潟県>神林村

 江戸期〜明治12年の村名。岩船郡のうち。はじめ村上藩領,寛永19年幕府領,正保元年村上藩領,宝永6年幕府領,寛保元年白河藩領,文政6年幕府領,文久2年からは会津藩領。村高は,「慶長国絵図」747石余,「正保国絵図」900石余,「元禄郷帳」1,081石余,「天保郷帳」1,184石余。寛政3年御案内帳によれば,免は本田5ツ1分6厘,分地4ツ9分2厘,小物成米6石余・大豆14石・永11貫271文,家数70(寺1・山伏1・医師2)・人数318,馬32,牧目村ほか7か村からの入作高260石余。また,用水は葛籠山村地内で荒川から当村ほか9か村組合で引水,薪・柴・秣は松沢村の入会山で刈り取っている。寺院は曹洞宗福源寺。ほかに湯殿山行者の宝勝院があった。神社は神明宮・子ノ宮・姥神ノ宮・若宮・八幡宮の5社。明治5年の戸数56・人口297。同12年南田中村と改称。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7312034
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ