ケータイ辞書JLogosロゴ 角取村(近世)


新潟県>柿崎町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,文化6年からは高田藩領。村高は,「慶長国絵図」では角鳥村126石余,「正保国絵図」294石余,「天和高帳」321石余・新田30石余,「天保郷帳」353石余。天和検地後とみられる国田組村々明細書上帳によれば,反別は田23町余・畑2反余・新田2反余,家数16・人数89,馬17(中村家文書)。用水は慶長年間近隣8か村で創設の柿崎川上流初田堰を利用。寛保2年高田藩が柿崎川上流水源山の猿毛村山林56町歩を伐採,年間4,000〜5,000俵の製炭を計画したことから,翌3年用水に支障ありとして角取・百木・川井の3庄屋を惣代として関係14か村が江戸表まで出訴,延享元年農民側が勝訴(柿崎町史)。天明4〜8年には水野村と角取など下25か村の間に水源山(水野地内二ツ岩・亀ケ尾)をめぐる紛争があり,水野村は炭焼きの権利放棄の代償として金50両と年々納米4石を受けることになった(朝比奈家文書)。天明3年の米騒動(柿崎騒動・下条騒動ともいう)では,上小野村木村家を襲った約400の徒党が角取村の地酒屋におしかけ,酒の大桶を打ち割る等の狼藉を働いた(柿崎町史)。鎮守は十二神社。寺院は浄土真宗本願寺派光顕寺。明治12年からは中頸城郡に所属。同21年の戸数25・人口142。同22年下黒川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7312369
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ