ケータイ辞書JLogosロゴ 寺ケ崎村(近世)


新潟県>川西町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」38石余,「天和高帳」47石余・新田7石余,「天保郷帳」では「古者寺ケ崎村・寺ケ崎新田二ケ村」とあり83石余。天和3年検地では,反別田約4町・畑屋敷5反余。元禄7年改村鑑によれば,家数7(庄屋1・本家4・水呑2)・人数41,馬3。江戸中期に寺ケ崎新田を吸収したものと思われる。文化2年十日町組地誌書上帳によれば,家数は本村10,ほかに端村塩辛13とあり,当村に郷蔵が置かれている。この塩辛はもと本村に接し,南沢川・北沢川の合流点に位置したが,水難の被害が多く,段丘上に移転したという。なお,塩辛の地名は,検地役人の接待に出したものが余りに塩気が強く,今後塩辛と呼んではどうかと笑われたことにちなむと伝えられている。明治12年からは中魚沼郡に所属。同22年橘村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7312482
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ