ケータイ辞書JLogosロゴ 新田(中世)


新潟県>神林村

 戦国期に見える地名。越後国岩船郡小泉荘のうち。永禄6年の色部氏段銭日記写に「〈二千五百苅のやく三百苅やく別而〉五百六十文 新田山上刷」と見える(米沢古案記録草案)。「色部氏年中行事」に「新田の御百姓」2人が見え,12月13日10畳の畳裏を色部館に上納している。「慶長国絵図」には殿岡川(百川)の北側に人家が描かれているが,文字は摩損して読めない。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7313532
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ