ケータイ辞書JLogosロゴ 新堀(中世)


新潟県>栄町

 戦国期に見える地名。越後国蒲原郡大面荘のうち。永正7年3月7日,長尾為景は永正の乱の論功行賞で本成寺に「新堀」ほかを寄進した。為景はまた天文2年享禄・天文の乱の戦功により「小森沢分新堀」を同寺に与えたとも見える(本成寺文書)。天正5年三条衆給分帳では本成寺知行とある(市川浩一郎所蔵文書)。御館の乱後の天正11年上杉景勝は「三条料所之内新堀」を飯田与三に給与した(上杉年譜/越佐史料)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7313559
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ