ケータイ辞書JLogosロゴ 直海浜村(近世)


新潟県>柿崎町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。才浜中18浜の1つ。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,文化6年からは高田藩領。村高は,「慶長国絵図」では直海はま5斗余,「正保国絵図」57石余,「元禄郷帳」51石余,「天保郷帳」では才浜中の一部。天和2年検地では,高51石余(田3石余・畑6石余・塩高40石余),反別は田3反余・畑1町余・塩田4町余,家数71(本家66・名子4・寺1)・人数360,馬28・牛2,船17,塩屋34(頸城村大島家文書)。文政12年高102石余のうち塩高91石余。江戸期を通し製塩業中心の典型的浜集落。寛永年間行路樹として一部植林。砂丘全面の植林は天明7年以降となる。古くから海産物を信州や内陸部に商う。文化6年からは漁業と塩の販売権は今町(直江津)港の支配下に入り,犀浜塩は今町問屋を経て盛んに信州に運ばれた。このため安政4年飯山街道(富倉峠越え)道路改修費として直海浜牛方中から金3両を寄付している。文政7年犀浜漁民と出雲崎漁民の間に犀浜沖合漁場の争いが起こり,江戸表まで上訴,天保13年和解(柿崎町史)。鎮守は熊野神社。寺院は真宗大谷派光徳寺・浄土真宗本願寺派福城寺。明治7年光徳寺境内に直海浜小学校が開校。同12年からは中頸城郡に所属。同21年の戸数189・人口1,126。同22年犀浜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7313865
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ