ケータイ辞書JLogosロゴ 直海浜(近代)


新潟県>柿崎町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ犀浜村,明治34年柿崎村,昭和9年からは柿崎町の大字。明治33年の田4町余・畑(砂丘地)30町余・山林69町余・原野31町余・塩田4町余。同36年の戸数241。同40年塩田消滅。明治末期から昭和期にかけ漁業と松本・上田・諏訪等への行商が行われ,移転による学童の半減も見られた。大正13年の漁業従事者80余,専業19戸・網元数軒。昭和7年頃信州からの撤退が始まり,同10年柿崎理研製鋼の設立以来勤め人が次第に増加。戦後持ち直した沿岸漁業も昭和30年代に衰退。同40年の世帯数112・人口473(出羽地区を除く),農業世帯80(うち米作農43・畑作農73・養蚕農4・養豚農18・専農2)・漁業関係者30・勤労所得者120(うち工場関係64)。同41年自動車運転免許上越支場開設。明治35年馬正面とともに建てた正直小学校は,昭和52年柿崎小学校に統合。昭和60年の世帯数293・人口1,081。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7313866
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ