ケータイ辞書JLogosロゴ 野中新村新田(近世)


新潟県>加治川村

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。たんに野中新村ともいう(元禄郷帳・天保郷帳)。はじめ村上藩領,宝永7年幕府領,享保9年からは三日市藩領。「元禄郷帳」「天保郷帳」では横岡村枝郷と注記されている。村高は,「元禄郷帳」61石余,「天保郷帳」66石余。延宝9年頃の高反別免割家数人数帳によれば,高61石余,反別4町余,家数8・人数24。紫雲寺潟の開発を記した先駆的文献「紫雲寺潟新田由来記」(享保18年)の著者大沼権右衛門の墓が五輪塔となって供養されている(加治川村誌)。明治初年の村々戸数書上帳では戸数9。明治12年北蒲原郡に所属。同22年泉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7313916
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ