ケータイ辞書JLogosロゴ 馬正面村(近世)


新潟県>柿崎町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,文化6年からは高田藩領。村高は,「慶長国絵図」では「ばしやう面村」290石余,「正保国絵図」675石余,「天和高帳」551石余・新田148石余,「天保郷帳」575石余。天和検地後とみられる国田組村々明細書上帳では,反別田34町余・畑7町余,家数42・人数219,馬30。貞享2年以来馬正面代官所の所在地となる(集落の北東川井地内に代官前の地名が残る)。貞享4年郷蔵が置かれる。享保7年以降当地域の幕府領は武士郷高野代官所支配となり,馬正面代官所はその枝陣屋となる(中頸城郡誌)。耕地は柿崎川(古くは米山川・米山寺川,明治以降は黒川)のデルタ地帯末端にあるため用水の確保に苦労が多く,また雨期には赤川の湛水に悩まされた。天正年間創設の岩堰は慶長4年用水路の拡大以来その末流を利用。寛永17年下条堰組に入り,さらに承応2年柿崎川に創設の丸山堰組となったが,残水利用のため不便多く,元文3年丸山堰下流に上金原・下金原・下条・馬正面の4か村で十王堂堰を創設(下黒川用水堰史)。安永年間の犀ケ池新田開発計画には,犀ケ池の溜水が赤川に切り落とされては排水が至難になるとして反対した(柿崎町史)。神社は八幡神社。明治6年馬正面校が開学,のち馬正面小学校となり,明治橋そばに移る。同12年からは中頸城郡に所属。同13年馬正面新田を合併。同21年の戸数68・人口454。同22年下黒川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7313997
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ