ケータイ辞書JLogosロゴ 初田村(近世)


新潟県>柿崎町

江戸期〜明治12年の村名頸城【くびき】郡のうち柿崎川右岸,米山山麓地名の由来は詳かではないが,初田は治田【はつた】の訛ったものか治田は開墾された田の意はじめ高田藩領,天和元年幕府領,文化6年からは高田藩領村高は,「慶長国絵図」28石余,「正保国絵図」40石余,「天和高帳」65石余,「天保郷帳」79石余慶長年間に柿崎川(当時米山川・米山寺川といった)下流の上小野・下小野・柳ケ崎・高寺・荻谷・角取・行法・川井の8か村により初田堰が当村下に創設され,同用水路の初田耕地分については,毎年8か村から年貢米が納められた当村の用水は宗照寺(宗性寺)川によったが,平沢・岩野両村の末流のため苦労が多かった天和検地後とみられる国田組村々明細書上帳では,反別は田3町余・畑6反余・山10町余,漆木20,家数4・人数49,馬5(中村家文書)鎮守は羽黒神社明治前期(年代不詳)用水の不足解消のため,郷ケ入池を山際に構築,反別5町余に80日間の給水が可能となった明治12年岩野村の一部となり,あわせて中頸城郡に所属
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7314066
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ