ケータイ辞書JLogosロゴ 平野又新田(近世)


新潟県>入広瀬村

 江戸期〜明治22年の新田名。魚沼郡のうち。平俣新田・平ノ又新田・平之又新田とも記す。寛文3年の成立。「元禄郷帳」「天保郷帳」では穴沢村枝郷と注記されている。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,寛保3年からは糸魚川【いといがわ】藩領。村高は,寛文3年の成立時に14石余,天和3年検地帳,「元禄郷帳」ともに18石余,天明5年新田検地により27石余となり(守門村史),「天保郷帳」でも27石余。戸口は,宝永4年宗門帳で7軒・50人(宮家文書),享保14年に8軒・73人(守門村史)。天和2年庄屋与次兵衛は村の北側の林に祀った十二神社の祠を除地の対象にしてほしいと幕府の検地役人に訴願し,鎮守十二神社に発展した(宮家文書・北魚沼郡志)。隣接する穴沢村からは枝郷の扱いを受けたが,庄屋等の村方三役を設けた独立村であった。明治9年の戸数32・人口160(北魚沼郡志)。同12年北魚沼郡に属す。同22年入広瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7314452
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ