ケータイ辞書JLogosロゴ 平林町(近世)


新潟県>神林村

 江戸期〜明治22年の町名。岩船郡のうち。はじめ村上藩領,寛永19年幕府領,正保元年村上藩領,宝永6年幕府領,万延元年村上藩領,文久2年からは会津藩領。村高は,「正保国絵図」では平林門前町150石余,「元禄郷帳」121石余,「天保郷帳」187石余。万治2年検地帳では反別田23町余・畑15町余。延享3年御案内帳によれば,田畑の免は記されていないので検見取,小物成米4石余・伝馬宿米1斗余・荏9升余・小物成銀49匁・同銭10貫893文,家数83・人数347,馬25,松御林2か所5町余。また,用水は当町ほか7か村組合で荒川から堰上げ,水除土手2か所648間余,荒川渡舟2。元和年間に出羽街道の宿駅が設けられ,その際,高300石分の高懸り諸役御免となったが,村高が少ないため,宿田【やずた】村への越石150石についても諸役が免除された。助郷村は80か村。寺院は曹洞宗千眼寺。行屋として真言宗行徳院があった。明治5年の戸数136・人口698。同6年旧庄屋木村善四郎宅に小学平林校が開校,翌7年行徳院に移り小学平林校として正式に発足した。同9年幕末以来絶えていた六斎市が再開された。同15年荒川に舟橋が架けられた。同22年平林村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7314455
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ