ケータイ辞書JLogosロゴ 藤原新田(近世)


新潟県>栄町

江戸期〜明治19年の新田名蒲原郡のうち刈谷田川が信濃川へ注ぐ地点に位置し,この両川によって造成された広い州島の末端口伝によれば,文政年間弥彦村玉幸新田の庄屋某の開発という尾崎村の枝郷幕府領村高は,「天保郷帳」35石余元治元年尾崎村の小作人との出入があったが,和解(土田昭治家文書)鎮守は金毘羅明神で,水防の神として祀られていたが,故あって蔵内村小林由次郎家へ遷り屋敷神となった明治12年南蒲原郡に所属同19年尾崎村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7314673
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ