ケータイ辞書JLogosロゴ 舟戸村(近世)


新潟県>巻町

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。元和2年長岡藩領,寛永11年旗本牧野氏知行,文久3年からは三根山藩領。村高は,元和4年知行目録62石余,「正保国絵図」「元禄郷帳」ともに72石余,「天保郷帳」310石余。三根山領となってからは割元庄屋が置かれ,近隣村の中で中心的な村であった。幕末には村内に兵蔵新田・弥五右衛門新田が開発された。「旧高旧領」では当村とは別に兵蔵新田54石余・弥五右衛門新田150石余が書き上げられている。両新田は無住耕地で,当村の差配により維持され,また当村の一部として扱われた。舟戸神社があり,諏訪社・住吉社が合祀されている。明治12年からは西蒲原郡に所属。同21年の戸数15・人口92。同22年福木岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7314753
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ