ケータイ辞書JLogosロゴ 松野尾村(近世)


新潟県>巻町

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。元和4年長岡藩領,元禄16年からは幕府領という(西蒲原郡志)。村高は,元和4年知行目録482石余,「元禄郷帳」でも482石余,「天保郷帳」1,087石余。なお,「旧高旧領」では幕府領937石余・長岡藩領150石余とある。江戸前期に大原新田村・新保新田村を分村。新田開発が進み,元禄9年には当村の役高958石余となっている(槙岡区有文書)。上堰潟からの取水権を持ち,内部低地の開拓が村の発展につながっていったと考えられる。神社は若宮社・神明社・十二所社・諏訪社・宗像社。寺院は真宗大谷派善正寺・光照寺,真言宗仙城院。明治9年赤塚校分校が開校,同15年分離独立し校舎建築。同12年からは西蒲原郡に所属。同21年の戸数155・人口1,011。同22年松野尾村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7315254
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ