ケータイ辞書JLogosロゴ 見玉村(近世)


新潟県>津南町

江戸期の村名魚沼郡のうち秋成村5か村の1つ信濃川支流中津川中流右岸村名は,不動明王を祀ることから「み霊」の意かはじめ高田藩領,天和元年からは幕府領村高は,「正保国絵図」29石余,「天和高帳」「元禄郷帳」ともに39石余元禄7年改村鑑によれば,家数6・人数53,馬9鎮守は十二社寺院は天台宗正宝院ほかに不動明王堂・阿弥陀堂・十王堂がある中津川の渓谷は,当所から奥地を秋山郷と唱え,古くから平家の落人村とされ,風習を異にするところが少なくなかった秋成村全体を統括する庄屋が秋成村に置かれ,当村には庄屋が置かれなかった江戸中期に秋成村の一部となったと思われるが(天保郷帳),山間集落のため,その後も独立して扱われることがあった
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7315449
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ