ケータイ辞書JLogosロゴ 水口沢村(近世)


新潟県>川西町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,寛保2年白河藩領,文政6年からは桑名藩領。村高は,延宝7年235石余,「天和高帳」184石余,「天保郷帳」では「古者水口沢村・千手新田二ケ村」とあり255石余。「旧高旧領」では,村高255石余のうち千手観音領34石とある。江戸初期,寛永年間頃当村地内に当村はじめ7か村によって千手新田が市場として開発され,町並みが形成された。天和3年検地では,反別田10町余・畑屋敷11町余・柴山12町。元禄7年改村鑑によれば,千手新田を含む家数35(庄屋2・本家19・水呑13・寺1)・人数182,馬13・牛3,紺屋2の記載がある。また,これとは別に千手観音堂領として家数9・人数37,馬5が書き上げられている。江戸中期に千手新田を吸収したものと思われる。「白川風土記」には「東西二丁許,南北三丁余,戸数七十七軒,内五十軒ハ南北両側ニ軒ヲツラネ,二十七軒ハ向背ヒトシカラス,文禄ヨリ慶長ノ頃ニ多ク開発セシ村ト云……信州ヘノ街道市川通ノ駅場」と見える。文久3年村明細帳によれば,家数104・人数482。曹洞宗長徳寺の千手観音は近郷の信仰を集め,7月の開帳には馬市が立ちにぎわった。境内からは応長元年銘の関東型板碑や南北朝期のものと推定される自然石梵字碑が出土。ほかに寺院は真宗大谷派栄行寺・天台宗不動寺(もと文珠院)がある。鎮守は羽黒権現社。明治12年からは中魚沼郡に所属。同13年もと千手観音堂領分(寺1・門前12)が分離し友重村の一部となる。同22年千手町村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7315510
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ