ケータイ辞書JLogosロゴ 宮野原村(近世)


新潟県>津南町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。江戸前期は信濃川支流志久見川右岸に点在する5か村の総称。本村である宮野原村のほか,加用村・上朴木沢村・百木新田・小池村からなる。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」では宮ノ原村62石余,「天和高帳」「元禄郷帳」ともに105石余,「天保郷帳」では枝村分を含み433石余。志久見川(境川)対岸は信州となるため,善光寺街道(市川東通り)の要衝として中世以来口留番所が置かれ通行を取り締った。なお,番所の番人を出し,番人給や番屋・柵木修繕を負担することから高50石の小役を免じられていた。天和2年検地では,総村の反別30町余。元禄7年改村鑑によれば,本村の家数17(うち庄屋1・本家13・番人1),馬16。神社は矢放社・諏訪社・稲荷社。宮野原村全体を統括する庄屋が本村に置かれた。江戸中期以降は各村が宮野原村に吸収され,郷帳類では宮野原村1村として扱われるようになる。志久見川では鮭漁が行われ,役銀を上納していた。田の用水は中子の溜池を利用した。明治7年宮野小学校が開校。同12年からは中魚沼郡に所属。同21年の戸数140・人口643。同22年市制町村制施行による宮野原村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7315667
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ