ケータイ辞書JLogosロゴ 柳山村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。天正年間信州から移住した喜兵衛なる者によって開発されたという(小池村勢要覧)。元和2年三条藩領,同9年幕府領,慶安2年村上藩領,宝永6年幕府領,享保13年からは村上藩領。村高は,元和6年三条御引渡郷村帳45石余,「正保国絵図」231石余,「元禄郷帳」222石余,享保11年幕領村高帳(燕市史資料編1)490石余,同13年村上藩領村々高辻帳(同前)509石余,「天保郷帳」510石余。宝暦11年御巡見様御通道筋御案内帳(三条市史資料編3)によれば,高509石余(うち田32町余・畑15町余),家数52・人数302,馬2。天保10年御巡村御道筋五ケ組御案内帳によれば,家数56・人数337。神社は諏訪社。「皇国地誌」によれば,反別は田29町余・畑16町余・宅地1町余,明治9年の戸数62・人口357。同12年西蒲原郡に所属。同21年の戸数64・人口408。同22年小池村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7316050
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ