ケータイ辞書JLogosロゴ 山野田村(近世)


新潟県>川西町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,寛保2年白河藩領,文政6年からは桑名藩領。村高は,「天和高帳」24石余,「元禄郷帳」28石余,「天保郷帳」24石余。古くは山すそを通る市川通に接して住居を形成,のち新田開発が進むにつれ新道の交通量も多くなり,住人も現在地へ移った。天和3年検地では,反別田1町余・畑屋敷2町余。元禄7年改村鑑によれば,家数2(本家1・水呑1)・人数12,馬1。「白川風土記」には「戸数八軒,向背ヒトシカラス,永享年中ニ開発セシ村ト云」とある。文政6年村明細帳によれば,家数10・人数39,質屋が1軒あった。神社は十二神社。明治12年からは中魚沼郡に所属。同22年千手町村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7316236
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ