ケータイ辞書JLogosロゴ 生地村(近世)


富山県>黒部市

 江戸期〜明治22年の村名。新川【にいかわ】郡布施【ふせ】保のうち。加賀藩領。寛文10年の村御印には,無高浦。小物成として地子役210匁・浦役1貫261匁・野役51匁・鮭役210匁・鱒役34匁・猟船櫂役795匁,ほか渡海船櫂役84匁・鰤役414匁7分・間役1匁8分などがあった。人口は元禄10年1,646人・宝暦7年2,319人・明和3年2,620人(黒部市誌)。漁業が盛んで,台網6統あり,引網は地先の海岸を7つに分割し,夏は14統,秋は8統により朝夕順番を決めて網が引かれた。そのほか,手繰網・指網・釣漁があり,漁獲の上,魚は魚津【うおづ】町魚問屋に運ばれた(黒部市誌)。前名【ぜんな】氏は元禄10年から文政4年まで,浦方十村として,新川郡の浦方を支配した。当村は漁業が盛んであったが,それに伴って漁場をめぐって他の村とたびたび紛争が起きた。寛文年中には芦崎【あしざき】村と,元文2年には宮崎・境・泊【とまり】の3村と,元文5年には浜経田【はまきようでん】村との間に相論が起きている。宮崎など3村との間に起きた事件はその後15年にわたって長引き,寛延4年には結着がつかないままに,双方とも漁場への出漁を禁止された。また,浜経田村との事件は文久年間に入って,ようやく解決を見た(黒部市誌)。幕末に新川木綿が盛んとなったが,その中心の1つで,織屋は20軒あり,年間18万反の取引をした(下新川郡史稿)。本地域の幕末安政期の職業に質屋11・油臼屋2・蝋燭屋2・室屋3・売薬3・合薬屋4・鍛冶屋9・豆腐屋7・油小売6・塩小売6・批【へぎ】売人8・紺屋7・古手屋13・醤油屋6・風呂屋6などがある。幕末海防が取沙汰されたとき,当海岸に嘉永4年台場が築かれた。幕末には東五左衛門,車屋吉右衛門らは,それぞれ寺子屋を開き子弟の教育にあたった(下新川郡史稿)。神社は郷社新治神社・村社秋葉社・神明社・西宮社・水神社があり,寺院に曹洞宗前名寺・浄土宗戒光院・同光明寺・真宗西派順昌寺・同東派願楽寺・同教証寺・天台宗多宝院などがある。明治13年には郵便局が開設された。同9年石川県,同16年富山県に所属。同22年下新川郡生地町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7317112
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ