ケータイ辞書JLogosロゴ 三十三ケ村(近世)


富山県>下村

 江戸期〜明治22年の村名。射水郡倉垣荘のうち。加賀藩領。寛永12年に村高70石の御印が下付されたと伝える。寛文10年の村御印の村高585石・免3.2,小物成として川役2匁が課せられた。天明期には村高616石・免3.2,神社5社,真言宗の寺院1寺(折橋文書)。明治9年石川県,同16年富山県に所属。同17年,射水郡針山新村ほか8か村戸長役場に属す。同22年下村および打出本江村(現新湊【しんみなと】市)・海老江【えびえ】村(現新湊市)に分割合併。打出本江村に分かれた一部は大字三箇となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7319078
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ