ケータイ辞書JLogosロゴ 下村(近世)


富山県>下村

 江戸期〜明治22年の村名。射水郡倉垣荘のうち。加賀藩領。村高が3,000石を超える大村。寛文10年の村御印の村高3,079石・免4,野役60匁・川役8匁・伝馬役84匁が課された。北陸道が当村を通り,交通の要衝として寛文2年には宿立の村となる。御足馬数20匹(県史近世中)。神社には加茂大明神があり,流鏑馬・牛潰し・稚児舞の神事が近郷各村より奉仕される。文化14年下村火消組に藩主より纏1振が下付される(下村勢要覧)。明和6年の家数154(折橋文書)。村肝煎ははじめ次郎兵衛が歴代勤めたが,天保2年より弥五郎・久五郎と替わる。明治9年石川県,同16年富山県に所属。同17年下村ほか13か村戸長役場に属す。同22年射水郡下村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7319395
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ