ケータイ辞書JLogosロゴ 市原(近代)


石川県>吉野谷村

 明治22年〜現在の吉野谷村の大字名。明治22年の戸数58・人口326。明治30年大字木滑新【きなめりしん】まで車道が開通。同42年の大火で28戸焼失。大正3年市原消防団を組織。同9年市原発電所が完成(最大出力1,080kw)。市原小学校は同13年市原尋常高等小学校と改称,同年の耕地整理竣成面積10町歩。昭和2年の大火で24戸焼失,同16年大字佐良より吉野谷村役場を移転。同23年市原に吉野谷農業協同組合を設立,同45年統合吉野谷小学校・中学校舎,寄宿舎が完成。同48年住民総合センター・診療所を完成。同47年の世帯数45・人口193。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7323151
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ