ケータイ辞書JLogosロゴ 赤尾村(近世)


山梨県>塩山市

 江戸期〜明治8年の村名。山梨郡のうち。栗原筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(石和【いさわ】代官所),「旧高旧領」では田安家領とされる。村高は,「慶長古高帳」581石余(ほかに大明神領4石余),正徳元年検地・「宝暦村高帳」ではともに588石余,「天保郷帳」592石余,「旧高旧領」も同じで,うち物部神社領4石余。村の広さは南北17町・東西3町余。享保9年の戸数105(うち本百姓95・水呑6,寺院4),人口345,馬12,江戸への煙草売買に従事する農間商人が4人,塩・茶などの棒手振3人がいた(村明細帳)。戸口は江戸後期にかけて漸減し,文化初年には85戸・290人(男134・女156),馬12(国志)。萩原山入会10か村の1村で小物成米1石3斗余を上納,田用水は重川からの堰入れによったが,重川の氾濫により水害を受けることがあった。ほとんどの農民が養蚕を営み,女子は登せ糸生産に従事した。また1町3反余の煙草反別があり,周辺の千野煙草・萩原煙草と並び赤尾煙草と称して江戸へ販売された。地内を青梅街道が横断し,重川に長5間・横5尺の赤尾橋が架かる。神社は大石明神。寺院は曹洞宗仏徳山涌泉寺・円通山長谷寺・十家山仲泉寺,日蓮宗永久山法蓮寺がある。明治4年山梨県に所属。地租改正前の反別は,田19町余・畑12町余(市郡村誌)。同8年七里村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7334945
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ