ケータイ辞書JLogosロゴ 赤尾(近代)


山梨県>塩山市

 明治後期・大正期〜現在の大字名。はじめ七里村,昭和3年塩山町,同29年からは塩山市の大字。もとは七里村の一部。明治36年国鉄中央線が開通し地内中央を横断する。同40年の大水害で重川の氾濫により家屋・耕地が大被害を受けた。同41年中央本線に並行して南に雨敬新道が開通,その後国鉄塩山駅に近いため新道に沿って商店が並ぶ。農・蚕業を主な生業とし繭生産が大きな比重を占めていたが,昭和30年代からはブドウ栽培を中心に果樹生産が盛んになった。同48年地内南部に雇用促進住宅が建設された。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7334946
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ