ケータイ辞書JLogosロゴ 秋山村(近世)


山梨県>甲西町

 江戸期〜明治22年の村名。巨摩【こま】郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(市川代官所など)。村高は,「慶長古高帳」106石余(ほかに光昭寺領1石余・権現領1石余),寛文12年検地152石余,「宝暦村高帳」151石余,「天保郷帳」153石余,「旧高旧領」も同じで,うち熊野社領1石余・光昌寺領1石余。村の規模は東西15町・南北4町。反別は,慶長6年検地では田5町余・畑1町余・屋敷2反余,寛文12年検地では田7町余・畑6町余(うち山畑4町余)・屋敷6反余。耕地は狭く,やせ地でイノシシ・シカの被害もあり,山畑の多い山村である。戸口は,延享3年の村明細帳では39軒(名主1・長百姓3・百姓35),161人,「国志」では文化初年に40戸・185人(男80・女105),馬1,安政4年には42軒(高持21・水呑21),247人と漸増している。入会地は雨鳴山(3か村入会)・奥山(14か村入会)など。用水は6割を籠ノ口川,4割を塩沢川より引いて利用した。田には北国けんこ・弥六・ならみなどの品種を用い,早稲5割,中稲2割,晩稲3割の割合で作付け,畑には麦のほか木綿1・粟1・稗1・藤大豆1・蕎麦1・コウライ2・荏1の割合で栽培していた。農間稼ぎとして男は薪木・秣取りなどの山仕事,女は6月10日以前より7月まではござ織(落合村でとれる藺が材料か),冬・春は木綿仕事などで暮らした。村内を籠ノ口川・塩沢川・桐木沢が流れ,川除・川普請の負担が大きく難儀した。職人は大工3人がいた(村明細帳)。名主役は長百姓が交替で勤務した。神社は秋山光朝の草創といわれる熊野権現,寺院は曹洞宗秋山山光昌寺・日蓮宗正学山法光寺がある。明治4年山梨県に所属。同7年落合・川上・塚原・湯沢4か村とともに落合村に落合学校を開設。同年の耕地面積は田7町余・畑7町余。同11年中巨摩郡に属す。同22年落合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7334950
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ