ケータイ辞書JLogosロゴ 浅川村(近世)


山梨県>高根町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩郡のうち。逸見筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」50石余,「宝暦村高帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ではともに118石余。「国志」によれば,津金村の北,長沢村の東に位置し,また信濃国平沢村と境をなし,同村へは1里8町の道のり,文化初年の戸数37・人口191(男92・女99),馬14。信濃国との国境に位置するため,村の中央部に口留番所があり,樫山村と2か村で守った。畑作を中心とし麦・稗・粟・蕎麦・大豆・小豆などを栽培。また薪炭のほか馬を産した。神社には,瑞籬山を社地とする玉ノ権現,諏訪明神を祀る駒形神社がある。明治4年山梨県に所属。地租改正前の耕地面積は田5町余・畑53町余(市郡村誌)。同8年清里村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7334963
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ