ケータイ辞書JLogosロゴ 朝日村(近世)


山梨県>大月市

江戸初期の村名都留【つる】郡のうち郡内領に属す桂川右岸の支流朝日川・戸沢川・小沢川流域の山あいに位置する谷村藩領村高は,文禄3年検地・「慶長古高帳」ともに545石余寛文6年に始まる谷村藩主秋元氏の苛政に反対して起こった百姓一揆では,同7年惣代となった当村の庄屋惣左衛門および大明見【おおあすみ】村庄屋想右衛門が谷村役所に減租を嘆願し,翌8年2月死罪となった(大月市史)寛文9年の検地により朝日小沢・朝日馬場・朝日曽雌【あさひそし】・戸沢・玉川・井倉・与縄の7か村に分割された以後,この7か村は朝日七郷と総称される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7334981
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ