ケータイ辞書JLogosロゴ 安都那村(近代)


山梨県>高根町

 明治7〜22年の村名。はじめ巨摩郡,明治11年からは北巨摩郡に所属。村山東割村・箕輪村・箕輪新町が合併して成立。明治8年の戸数314・人口1,290(甲斐国区別郡村便覧)。村の広さは東西19町・南北1里22町,山梨県庁から北西へ7里18町余にあたり,隣村へは西の熱見村境へ9町,南東の若神子【わかみこ】村境へ34町,北の安都玉【あつたま】村境へ6町の里程,地租改正後の反別は田164町余・畑131町余・宅地26町余・竹藪2町余・林25町余・芝地2町余の計352町余(市郡村誌)。はじめ戸長・副戸長をおいて村の行政を行ったが,明治17年安都玉村と連合して連合戸長をおき,同19年地内箕輪に戸長役場を新築。学校は,明治6年安都玉村のうち村山北割・堤と連合して村山東割地内全福寺を仮校舎として村山東割学校を開校,明治11年同地内に校舎を新築。のち玉那学校,安都学校など校名の変遷を経て安都尋常小学校となる。明治22年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335004
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ