ケータイ辞書JLogosロゴ 穴平村(近世)


山梨県>須玉町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩郡のうち。逸見筋に属す。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本三枝土佐守知行地),のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」760石余(ほかに遠照寺領2石余・下宮大明神領2石余),「宝暦村高帳」761石余,「国志」762石余,「天保郷帳」778石余,「旧高旧領」も同じで,うち諏訪社領2石余・遠照寺領2石余・同寺除地11石余。村の広さは,東西4町余・南北32町半,元文5年の戸数93・人口478(男248・女218・僧12),牛馬54,村内には商人4人・紺屋2人・紙漉3人がいた(村明細帳)。文化初年の戸数141・人口513(男264・女249),馬90・牛2(国志)。作物は,米のほか野菜・粟・稗など。農間に男は薪取りや炭焼き,女は麻・木綿織に従事した。灌漑用水は須玉川から取り入れる堰と,一部では箕輪新町の落水を利用した。神社は,諏訪明神・金山権現があり,金山権現には三条古鍛冶宗近が来て刀を作ったという伝説があり,村の東に鍛冶淵という小字が残る。寺院は,日蓮宗身延山久遠寺末定栄山遠照寺・曹洞宗若神子【わかみこ】村正覚寺末東向山見明寺があり,見明寺は津金美濃守の嫡子津金修理亮が姨玉淋尼の菩提のために建立したという。明治4年山梨県に所属。地租改正前の反別は,田47町余・畑14町余・大縄場畑1町余(市郡村誌)。同8年豊田村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335011
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ