ケータイ辞書JLogosロゴ 鮎沢村(近世)


山梨県>甲西町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年幕府領,延享3年一橋家領,寛政5年幕府領,天保3年からは田安家領。村高は,「慶長古高帳」507石余(ほかに西光寺領3石余・天神領1石余),寛文9年検地592石余,「宝暦村高帳」572石余,「天保郷帳」578石余,「旧高旧領」も同じで,うち天神社領1石余・西光寺領4石余。村の規模は東西6町・南北5町。反別は,寛文9年検地では田27町余・畑4町余・屋敷2町余。戸口は,享保20年78軒(名主1・長百姓5・百姓47・水呑25),天明8年の村明細帳では75軒・412人,文化初年に75戸・340人(男165・女175),天保13年の村明細帳では78軒・412人(男197・女207・僧侶8)。助郷役は荊沢【ばらざわ】宿へ出役。入会地は権現堂山へ他の11か村とともに入会う。用水は江原村御手洗尻・下宮地村風呂屋尻より引き取る。稲は北国早稲の弥六,餅米は市兵衛という品種を用い,畑では木綿・粟・大豆・小豆・菜・大根・蕎麦などを栽培した。特に綿作が盛んで,鮎沢種があるほどである。また柿には「ゑ袋」という品種の名産があった。名主役は長百姓が交替で勤務。神社は天神宮,寺院は真言宗照峰山西光寺,臨済宗瑞雲山古長禅寺・無量寺・不春院,日蓮宗長延山生善寺などがある。古長禅寺は県史跡,夢窓国師坐像は国重文,また境内のビャクシンは国の天然記念物に指定されている。北村延峰とその子延寧は幕末平田派の国学者,北村菅守は幕末の俳人として活躍し,墓は無量寺にある。明治4年山梨県に所属。同6年下宮地・古市場の2か村とともに鮎沢学校を古長禅寺を仮校舎として開設。同7年の耕地面積は田27町余・畑7町余,産物は米・麦・小麦・大豆・粟・藍・繭・大根・柿・繰綿などで,産額は米・繰綿・麦の順に多い(甲西町誌)。同8年大井村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335028
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ