ケータイ辞書JLogosロゴ 鋳物師屋村(近世)


山梨県>櫛形町

 江戸期〜明治7年の村名。巨摩郡のうち。西郡筋に属す。慶長6年検地帳の表紙には鋳物師屋野と見える。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領。村高は,「慶長古高帳」82石余,寛文12年検地および「宝暦村高帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに122石余。反別は,慶長6年検地で畑7町余・弾正荒2町余・熊蔵5町余と荒地が多く,寛文12年検地で畑17町余。田はない。耕地はあるが,居住者が存在せず,したがって屋敷地がない。近村よりの入作により耕作が行われていた。中世末期から近世初期にかけ市之瀬川などの氾濫で集落が欠損し,他の地域(一説には韮崎【にらさき】市の鋳物師屋)へ移住したものと思われる。嘉永3年の水損も甚大。村の支配は下市之瀬村の村役人が兼任し,年貢・諸役を納入していた。「国志」も「下一ノ瀬ノ東地続キ,皆畠ナリ,同村兼帯之,前々戸口ナシ」と記す。明治4年山梨県に所属。同7年野々瀬村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335170
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ