ケータイ辞書JLogosロゴ 岩殿(近代)


山梨県>大月市

 明治後期・大正期〜現在の大字名。昭和29年から賑岡町を冠称。はじめ賑岡村,昭和29年からは大月市の大字。もとは賑岡村の一部。賑岡村役場の所在地。農業と機業を中心に発展。大月・猿橋両地域の影響をうけながらも,次第に大月の発展による影響を強くうけ,大月町との合併に積極的であった。昭和29年大月市に合併後,市の近郊農村として変容していった。同35年の世帯数42・人口199。同43年の国鉄中央本線の複線化および同44年の中央自動車道開通による大月市の発展と,大月市街と賑岡町とを結ぶ道路整備により地域発展がめざましい。大規模分譲住宅の開発が進められ,大月市街および八王子・立川方面の通勤圏となっている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335190
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ