ケータイ辞書JLogosロゴ 上野村(近世)


山梨県>櫛形町

 江戸期〜明治7年の村名。巨摩【こま】郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年幕府領,延享3年一橋家領,寛政6年幕府領,天保3年からは田安家領。村高は,「慶長古高帳」99石余(ほかに天神領6斗余),寛文12年検地142石余,「宝暦村高帳」143石余,「天保郷帳」144石余,「旧高旧領」も同じで,うち天神宮領6斗余。反別は,慶長6年検地で田5町余・畑3町余,寛文12年検地で田6町余・畑6町余・屋敷2町余。村の規模は東西350間・南北115間。享保9年の家数39(本百姓35・水呑4),人数145(男74・女70・僧1),牛馬9(村明細帳)。文化初年の戸数43・人口178(男86・女92),馬6・牛5(国志)。用水は北川より取り入れ,稲は早稲・晩稲を栽培していたが,西畑の田3町余については水不足のため畑作への転換願いが代官所へ出されている。下市之瀬村などとの水論もしばしばあった。畑には粟・稗・大豆・芋・蕎麦などを栽培した。商人1・大工2・木挽3もいた(村明細帳)。入会地は城山・伊奈口大平山・檜木山・利根川の4か所にある。寛政3年一橋陣屋より甘草の試作を命ぜられて苗木5本を渡され成功しているが,一橋家の領地替えのため苗木24本を遠江国へ廻送している。名主役は長百姓が交代で勤務。助郷は荊沢【ばらざわ】宿へ出役。神社は天神宮,寺院は日蓮宗新叡山本重寺がある。幕末に秋山弥左衛門・同治左衛門が私塾を開く。明治4年山梨県に所属。同7年中野・上市之瀬・下市之瀬の3か村とともに野々瀬学校を上市之瀬に開設。同7年野々瀬村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335203
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ