ケータイ辞書JLogosロゴ 牛奥村(近世)


山梨県>塩山市

 江戸期〜明治8年の村名。山梨郡のうち。栗原筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年幕府領(石和【いさわ】代官所),延享3年からは田安家領。村高は,「慶長古高帳」397石余(ほかに通大明神領3石余),正徳4年検地643石余(反別は田19町8反余・畑29町9反余・屋敷8町4反余),「宝暦村高帳」653石余,「天保郷帳」656石余,「旧高旧領」も同じで,うち通明神領3石余。村の広さは南北20町余・東西5町余。牛奥沢山入会12か村の山元で,用水は重川の堰入れによった。享保9年の戸数173・人口677,うち男333・女344(村明細帳)。「国志」によれば,枝郷に中原・南牛奥・鹿伏戸・北牛奥があり,文化初年の戸数170・人口645(男316・女329),馬11。米・麦などの農産物の栽培のほか女子による養蚕・木綿布稼ぎが行われた。神社は通明神。寺院は曹洞宗大滝山全応院・三島山正継寺・普会山青苔寺・天神山千将寺・神通山慶安寺・大智山文珠院,浄土真宗安楽山願正寺・池平山中原寺がある。明治期に甲州財閥の巨頭と称された雨宮敬次郎は,弘化3年当村に生まれた。明治4年山梨県に所属。同6年願正寺に牛奥学校を開設。同8年奥野田村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335223
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ