ケータイ辞書JLogosロゴ 牛奥(近代)


山梨県>塩山市

 明治後期・大正期〜現在の大字名。はじめ奥野田村,昭和29年3月塩山町,同年4月からは塩山市の大字。もとは奥野田村の一部。明治36年国鉄中央線が開通し地内を縦貫する。同41年雨宮敬次郎により国鉄塩山駅と牛奥を結ぶ雨敬新道が建設されると交通の便を増した。当地出身の雨宮竹輔により導入されたデラブドウの栽培は県下で最も早く明治30年代に始まり,以後普及をみたが,農業生産額は長く繭・米・麦の順位であった。昭和20年代後半からブドウを中心に果樹栽培が盛んになった。同26年一部(字中原)が菱山村中原となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335224
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ