ケータイ辞書JLogosロゴ 表門郷(古代)


山梨県>甲府市

 平安期に見える郷名。「和名抄」山梨郡十郷の1つ。郡を5郷ずつ東・西に分けた場合は山梨西郡に所属。東急本の訓は「宇波止」。高山寺本の訓「寄波止」は非。甲府市和戸町はその遺称と考えられる。最近和戸町に隣接する横根町反田の大坪遺跡から「甲斐国山梨郡表門」と刻書した平安中期の皿形土師器が出土し,前記の推定が正しかったことが証明された。また「一蓮寺文書」に「表門郷四目木三段河内弥靏女寄進建武五年五月三日」とある「四目木」は注連木【しめぎ】で石和【いさわ】町松本にその名を存しているという(国志)。この郷のひろがりを推定することができる。なお今日,標【しめぎ】姓のものが,同町松本・山崎,春日居町鎮目【しずめ】に多い。現在の甲府市の東部(旧西山梨郡里垣村・甲運村・玉諸村)から石和町北部(旧東山梨郡岡部村西半分)にかけてが郷域であり,南東は山梨郡石禾郷に,北東は山梨郷に,また西は巨麻【こま】郡青沼郷に境を接していた。この地の北辺には横根積石塚群があるほか,域内各地に古墳なども散在し,また寺本廃寺(春日居町)や国分寺(一宮町)の瓦を焼いた跡といわれる川田窯址などもあって,古くから集落が発達していたことが知られる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335261
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ