ケータイ辞書JLogosロゴ 江草村(近世)


山梨県>須玉町

 江戸期〜明治22年の村名。巨摩郡のうち。逸見筋に属す。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本三枝土佐守知行地),のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」415石余(ほかに諏訪大明神領7石余),「宝暦村高帳」824石余,「国志」827石余,「天保郷帳」832石余,「旧高旧領」も同じで,うち十五所大神領1石余・見性寺領2石余。「国志」によれば,枝郷に太渡・岩下・漆戸・根古屋・仁田平・八巻・平の各組があり,文化初年の戸数405・人口1,565(男805・女760),馬160・牛12。文政14年の村明細帳によれば,反別228町5反余,うち田36町9反余・畑191町6反余,村の広さは,東西2里余・南北1里半,戸数406・人口1,696(男832・女864),馬174・牛5。村内には神子3人・桶屋5人・大工11人・鍛冶1人・紺屋2人・医師1人のほか,改方印形を下付された紙漉12人がいて農間期に厚紙を漉いた。村役人は仁田平・根古屋・平組・八巻・岩下の5組から名主5人を出し,各組の長百姓が輪番で勤めた。村内の耕地の大部分は畑地であるが,36町9反余の水田耕作のため河川から引き入れる大小11か所の堰があり,そのうち6か所は御普請場,5か所は百姓自普請とされた。また,神取堰・上手堰・朝穂堰などは当村地内に取入口があり,浅尾・上手・小笠原・穂坂・上神取・下神取以下の諸村を潤した。その他溜井2か所(自普請)があった。百姓持林24か所・竹藪20か所・秣場8か所があり,薪炭・肥飼料用草などのほか漆を多く採取した。茅ケ岳山麓には他村との入会山が多く存在した。神社は黒印社領1石9斗余の十五所明神をはじめ勝手明神・根古屋明神など小社が数多くあり,寺院は黒印2石9斗余で臨済宗京都妙心寺末集雲山見性寺と同末小森山竜泉寺,曹洞宗東向村信光寺末金花山光厳寺のほか小堂10数か所があり,また,修験本山派京都住志院袈裟下良光院,修験当山派台ケ原智養寺袈裟下不動院・光膳・右京などがあった。明治4年山梨県に所属。同8年の戸数390・人口1,847(甲斐国区別郡村便覧)。村の広さは,東西約1里48町・南北約1里50町,地租改正後の反別は,田98町余・畑255町余・宅地18町余・竹藪3反余・林26町余など計398町余(市郡村誌)。明治5年学制が発布され,同6年から仁田平は東向村の校区となり,岩下・八巻・平・根古屋の4組で江草学校を開校,神官篠原宣雄宅で授業を開始し,同8年岩下組に分校を設置,同10年仁田平組が東向村から分離して江草学校の所属となった。また同11年岩下分校が分離独立した。同年中巨摩郡に属す。同22年市制町村制施行により単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335264
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ